IT派遣先編 転職

新派遣先レポート① とりあえず転職成功だったかも

更新日:

負けない派遣社員Eは新しい派遣先での仕事が始まりました。派遣切りや残業禁止令のあった前派遣先を辞めて移って正解だったのか?
今日はその辺の状況をレポートします。

今現在とりあえず派遣先変更は正解だったなと思っています。
とはいえ初日の朝、開始30分の時点でEは「間違えましたー」と言い残して逃げ帰ろうかと思いました。
その理由は後で語ります。

前回の記事です

新派遣先、どんな職場?これって一体どういう状況?

新しい職場はというと、かなり複雑です。
東京にある有名企業がEの地元にオフィス(作業場?)を出すはずだったんですが、今もってそのオフィスは建築中で完成していません。

現在仮の作業場を借りて作業しています。
コロナによる緊急事態宣言のせいでしょうが、肝心の有名企業の社員は現場にいません。初日の顔合わせの時にPC越しの音声だけであいさつがありました。

IT系の仕事です。
とりあえず職場には20人ほどの人がいますが、いろいろな会社の人達が集まって働いています。
でもみんな派遣社員ではないです。派遣社員はEともう一人Eと同じ派遣会社の人の二人だけです。というかこれに一番驚きました

てっきり派遣が多く集まる職場だと思っていたんですが、仕切っているのは地元のIT企業で、その他の地元のIT企業から出向の人多数。

これ一体どういう状況?
数々の職場を渡り歩いてきたEもさすがにこんなカオスな職場は初めてでした。

Eの立ち位置は?自分でも不明です

今回どうやら派遣労働契約じゃないみたいなんですよね。
派遣会社の担当にも言われたし、契約書にも今までの『派遣労働契約』の文字がないんですよ。

派遣じゃなかったら出向の扱い?
結論はどうやら『業務委託』のようです。

ま、そこはどうでもいいです。引き続き派遣会社の社員だからこれまで通り「負けない派遣社員E」でお願いします!
人に職業を聞かれたときも派遣社員と答えます。

でも、かっこつけたいときは他の言い方するかもです。
なにしろEの派遣元は実は労働者派遣が本業ではなく、本体は地元の別の業種の会社をやっていて、その会社の中に派遣事業の部署があるという訳。
会社名も派遣会社らしくない名前です(会社本体の名前そのままです)。

だから「○○会社(Eの派遣元)の社員だけど、今は客先常駐で△△(今仕事をしている地元IT企業)で働いてるよ」っていうとIT関係者のフリができちゃうという。
「客先常駐」ってIT系でよくありますよね。

いったん整理します

話を戻します。これまでにわかったこと。

・新たにできるはずのオフィスは東京の有名企業(IT系ではない)の地方の拠点(作業場所?)
・初日に仮の作業場にいくとそこは地元のIT企業の名前で借りられていた
・顔合わせの時の自己紹介では、その場を仕切っている地元のIT企業の責任者から、そのIT企業の会社名で名乗るように言われた
・他の人達はその他IT系の会社からの出向or常駐、らしい。その人達の自己紹介によると普段やってた業務は、ソフトウエア開発とかそういうモロIT関係者
・責任者が仕事を振るときに。「これは各社でまとめてください」という言い方をする。Eの所属する「各社」とはなにやらその他IT企業のひとつらしい。
・で、Eの所属する「各社」の構成員はその他IT企業の人ではなくまた別のIT企業の人(この人は別格で作業時には全体を仕切っている)、プラスEともう一人の派遣(はぁ?)
・でも、「各社」と言われた場合、その会社の人がいないのに3人がその他IT企業の名義になっている(はぁ?×2)

⇧これ読んでも訳わかりませんよね

Eも訳がわかりません。
もう考えるのやめました
現状が前の派遣先より給料が上がって楽で居心地さえよければそれで十分です。

肝心の現状は?

詳しい現状分析はもう少し内情がわかってからにします。
ざっくりと印象です。

初日の顔合わせで、みんなの自己紹介を聞いたとき「間違えましたー」と言って逃げ帰ろうかと思いました。

てっきりそこいらの派遣が集まっているだけだと思っていたから。プロのエンジニアたち(しかも年配のベテラン風の人が多い)が集まるなんて思ってもいなかったから。
Eがその場にいることは何かの間違いでしょ~
「派遣会社に騙された~」と思ってしまいました。


いったいこれからどんな専門的な仕事が始まるんだろうとビビりまくりでした。
が、フタを開けたら仕事はそこまで難しくはなかったです。
聞かされていた通り、PCの初期設定(キッティング)の作業。しかも詳細なマニュアルあり。

とはいってもパソコンド素人ではついていけないです。
コントロールパネルを隅までいじったことがあるとか、コマンドプロンプトとは何かくらいの知識はないと話が理解できないかもです。

オフィスもできていない準備不足の中、そのマニュアルもやっつけで作ったものだから始まってからも試行錯誤で3日目あたりでようやく作業流れ始めた感じ。
そのための待ち時間も多し。

結果、前派遣先時代同様に現状もストレスフリーです。
始まりからつまづきの連続でしたが、我ながら的確な改善意見もいくつか連発したりしてました。

出勤時間が東京標準なせいかEの地元の混雑時間より遅いから車通勤もすいすい。

現場責任者もとにかく今は量より質で、と。
流れを作ることとミスなく乗り切ることに集中しているからEの普段の仕事のペースからするとかなりゆったり目。

デスクワークで、前派遣先より時給は20%ほどアップ

スーツ出勤と言われてブルーになっていたけど(スーツ、ネクタイ大嫌い)ノーネクタイでいいし夏はポロシャツでもよさそう(今のところ8割がスーツ+ネクタイ有)。
Eは初日からスーツ+ノーネクタイ、来週はジャケットやめます。様子見でできるだけカジュアルに持っていきます。

まとめ

今後もこの調子なら派遣先変更は大成功です!
まだほかのメンバーとは距離がありますが、その辺はこれから開拓していきたいと思います。

気になるのが、この職場のこの仕事が継続して何年も続けられるのかという問題ですが、Eの「各社」のリーダー(「各社」以外の会社からきている全体の作業を仕切っている人、はぁ?)によるとこの仕事「とりあえず1年以上」は継続するとのことです。
その間に何があってもいいように準備しておかなければです。

Eが過去の記事に自分で書いた『新人派遣社員の心得3か条』も自ら心がけていきたいと思います。

自信のなさを見せてはいけない
なんでもやります的姿勢を見せてはいけない
③職場でそれなりの位置を確保しても常に次のステージに備える

これさえ守ればきっとハッピーな派遣生活が待っていることでしょう。
ではまた!

毎日仕事で新品のパソコンを触っていたら家のパソコンを買い替えたくなってきました。
長年Eはこのどちらかの台湾メーカーのPCを使っています。余計なソフトが入っていないし、国産より価格も手ごろでおススメです♪

-IT派遣先編, 転職

Copyright© 負けない派遣社員 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.